インプラント義歯

外れない入れ歯とは?

「固定式」と「継持装置」

入れ歯を外れないようにする方法は大きく分けて2種類の方法があり、インプラントで固定する方法と継持装置で固定する方法です。

インプラントで固定する方法にも種類があり、完全固定するオールオン4やオールオン6、取り外し可能なインプラントオーバーデンチャーと呼ばれる手法です。

継持装置とは現在残っている自然歯に固定することが可能で、自然歯が無い場合はインプラントに固定することも可能です。清掃性に優れ、口腔内を清潔に保てます。

当院の推奨する継持装置は、PFTシステムと呼ばれる取り外し可能な固定装置があります。

詳細ページはこちら↓
PFT取り外し可 固定システム


インプラント固定式入れ歯

インプラントオーバーデンチャー & オールオン4・6

外れない入れ歯があれば、普段の生活での不安感から解放されることでしょう。

そんな理想の入れ歯とは、インプラントで固定する入れ歯になります。

インプラント固定式入れ歯

インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャーとは、取り外し可能なインプラント維持装置の入れ歯です。
上記イラストは「ドルダーバータイプ」でインプラントとインプラントの間にバーを通し、そこに固定します。

当院推奨のPFTシステム(取り外し可能固定装置)はオーバーデンチャーにも対応できます。

詳細につきましては、松田歯科併設施設の神戸インプラントセンターウェブサイトをご覧ください。

神戸インプラントセンター治療項目・インプラントオーバーデンチャー
ページはこちら

神戸インプラントセンター症例・インプラントオーバーデンチャー
ページはこちら


オールオン4 ・ 6とは

オールオン4、オールオン6とは、4本から6本のインプラントを埋入し、総入れ歯を固定する治療法です。

こちらの治療法の利点とは多くの歯を治療する場合、インプラントだけだと本数分の治療費がかかりますが、オールオンの場合はインプラントの本数を抑えることができます。

メリットは付けっぱなしになりますが、反対にデメリットが清掃性が悪い点です。

詳細につきましては、神戸インプラントセンターウェブサイトをご覧ください。

神戸インプラントセンター治療項目・オールオン4 オールオン6
ページはこちら

神戸インプラントセンター症例・オールオン6
ページはこちら

オールオン4、6のデメリットを解消した新しい義歯

外れにくい・取り外し可能・小さい

こちらの総入れ歯は当院推奨の「ジルコニア一体型」の義歯になります。

ジルコニア一体型義歯

写真を見てもらえれば一目瞭然ですが、かなり小さい入れ歯です。ということは、お口の中を占拠する割合が少なくなるので自然歯の状態に近く、より味覚や熱に敏感な入れ歯になります。

オールオン4入れ歯装着持

オールオン4のメリットは「付けっぱなしで外れない」ですが、デメリットは「外せないので菌床になる」というメリットとデメリットを解消したのが「しっかり固定されているけど外せる」こちらの入れ歯になります。

ジルコニア一体型義歯の詳細はこちら

継持装置PFTシステム

自然歯にも固定可能

「外れない」けど「取り外し可能」な入れ歯の継持装置です。

入れ歯継持装置PFTシステム

自然歯や埋入したインプラントに凹装置、義歯に凸装置を作り、「パチッ」と固定する入れ歯継持手法になります。

取り外しが可能なので清掃性に優れ、入れ歯本体もですが口腔内を清潔に保てます。

詳細は別ページの【継持装置PFTシステム】をご覧下さい。


治療ご希望の方で、インプラントや継持装置についての疑問、ご質問、ご相談などもお気軽にお電話下さい。

【ドクター問い合わせ】と受付に伝えて頂ければ歯科医師がご対応させていただきます。

ページ上まで戻る

診療方針
入れ歯でお悩みの方へ
治療の流れ
入れ歯の種類
外れない着脱可能固定入れ歯
審美エステティック入れ歯
精密入れ歯BPS義歯
部分入れ歯
専任歯科技工士より
遠方から治療をお考えの方へ
家族の方へ
医療費控除について
サイトマップ


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸歯周病センター
神戸インプラントセンター
神戸矯正審美歯科