部分入れ歯治療
ボタンエリア文字を大きくする文字を小さくする
タイトル

部分入れ歯治療 ~歯を残すための治療方針~

神戸タイトルライン


歯科医師より 「歯を失いたくない・・」 方へ

部分入れ歯の治療方針

「部分入れ歯とは、失った部分に義歯を入れること。」という解釈を持たれている方がほとんどかもしれません。

実は歯科治療全般に言えることですが、
「治療する部分だけでなく、噛み合わせ全体、口腔内全体の健康を考えての治療。」

歯医者にもよりますが、悪い部分だけをすぐ治療する歯科医院もあれば、10年20年先を考えた治療をする歯科医院もあります。

当院はもちろん後者で、いかにお口全体の健康を考えて、噛み合わせが良く、歯や義歯の寿命を延ばすことを重視して治療に取り組んでいます。

そしてすぐに歯を抜く事を勧める歯医者の話を少なからずお聞きしますが、当院では天然歯を残すことは最も大切に考えて治療に取り組んでいます。

しかし、当院の治療でも歯を抜く事を勧める場合があります。
それは、その歯を抜くことによって、お口全体の噛み合わせ、残りの歯の寿命などに関係してくる場合です。

特に部分入れ歯治療に関して重要な事、それは健康な自然歯を最も大切に考えることです。

部分入れ歯とは、義歯にかかる力の負担が、残っている天然歯にかかります。
一噛みの負担は微々たるものですが、食事・会話での口を閉じる、噛み合わせる数を考えると負担はかなり大きくなります。

特に土台になる歯の健康状態やその他の歯の噛み合わせ、義歯が入った時の噛み合わせと、残った歯への負担、当院ではそれらすべてを考えて治療プランを立てます。

お口全体を見据えて口腔内全体の治療を進めていく方が治療費はかかりますが、

結果的に長くもち、費用対効果も高くなります



歯科技工士より

歯科技工士挿絵

歯科技工士が重要視すること

当院の歯科技工士は医院内に7名在籍しています。通常多くの歯科医院は外注にて歯科技工士に義歯を作ってもらいます。

ではなぜ、外注で取り組む医院が多くを占める中、当院は多くの歯科技工士が在籍しているのか。


それは、歯科技工士と歯科医師と患者様の距離が近いことによって、より良い治療へと繋がるからです。

カウンセリング時に歯科技工士が立ち会うこともあり、患者様の姿勢やしゃべり方、下顎の動きなど、そのような情報も良い義歯作りには大変有効になります。

そんな歯科技工士が部分入れ歯で重要視することは、「噛み合わせ」と「土台作り」です。

噛み合わせはもちろん、土台の重要性は「お口全体の寿命」に関係してきます。

残っている自然歯はもちろん、義歯や顎骨、歯茎など、義歯を入れたことによる負担を軽減し、口腔内に分散することで、お口全体の寿命が延び、噛み合わせが良く使い心地の良い義歯を提供することが出来ます。

土台作りの為に自然歯を削ったり、抜く事を勧める場合も御座います。

しかし、その提案は先々のお口全体の健康を考えてのことなので、歯科医師と歯科技工士を信頼して治療をお任せ下さい。
もちろん治療計画の説明と、治療理解を十分に得て頂くことを重要視しています。

治療プランの決定に関しては患者様が決めることですが、より良いお口の健康のための治療プランは院長をはじめとし、歯科医師と歯科技工士、歯科衛生士も交えてご一緒に考えさせて頂きます。

より良いお口の為に。健康なお口をご一緒に作り上げていきましょう。



ご質問ご相談はお気軽に

患者様のお悩みは千差万別で、人それぞれ色んな悩みをお持ちで来院されます。

それら悩みを解消し、健康にするのが医師の仕事。

神戸入れ歯義歯専門の歯科医師がお答え致します。

お悩みのご相談やご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。

 お問い合わせ先 078-681-0418

 →メール相談はこちらから


診療時間