取り外し可能ジルコニア固定義歯

金属を使わない「小さい」入れ歯

正式名:ジルコニア無口蓋型可撤義歯

こちらは当院推奨の上顎総入れ歯で、セラミルという最新医療機器で製作されたものになります。

小さい入れ歯、ジルコニア一体型義歯

特徴は

【人工歯が一体型】

【取り外し可能】

【金属を使っていない】

【小さい】

【床の中央部分無い】

となります。

人工歯が一体型なので使用素材を減らせることで継ぎ目が減り、食べかすが詰まりにくく、素材自体の寿命が延びます。

そして取り外し可能なので、清掃性が良く清潔に保てます。

入れ歯本体に食べかすが詰まりにくく清掃性に優れているので、嫌な臭いも出にくい形状になります。

素材に金属を使用していないので、金属アレルギーの方にも対応しています。

そして、人工歯部分が一体なので強度が増し、より小さいフォルムを実現しました。

こちらは通常の入れ歯との比較画像になります。

通常の入れ歯ジルコニア一体型義歯

通常入れ歯の床中央部分は、舌が上あごに当たる部分で、強度を保つため厚みが必要になります。

その他、金属の素材コバルトやチタン、ゴールドなどを使い薄くする手法もありますが、こちらの義歯は床中央部分自体が無いため、熱や味覚の感度が各段にアップします。

デメリットとして、ジルコニアが土台の要になりますので硬さがあり強いのですが、衝撃には弱いことです。清掃時に落としてしまったりすると割れてしまう可能性があります。

こちらは口腔内模型で、

口腔内模型

上顎部なので見え方が逆になりますが、仮装着するとこんな感じです。

ジルコニア一体型義歯装着

こちらは実際の装着例です。【義歯装着前】

入れ歯装着前

取り外すと清掃性に優れている事が一目瞭然です。

【義歯装着時】

ジルコニア義歯装着写真1

上あごを覆う土台が無く、飲食の熱や味覚を邪魔しない形状です。

ジルコニア義歯装着例2

こちらの症例の患者様は、取り外し可能な継持装置「PFTシステム」を導入しており、「外れない取り外し可能な入れ歯」となります。

固定するための自然歯が無い場合でも、インプラントで対応が可能になります。

※症状により治療を出来ないケースもありますので、まずは電話相談にてご相談下さい。


治療をご希望の方で、ジルコニア一体型義歯についての疑問・質問、ご相談などお気軽にお電話下さい。
【ドクター問い合わせ】と受付に伝えて頂ければ歯科医師がご対応させていただきます。

ページ上まで戻る

診療方針
入れ歯でお悩みの方へ
治療の流れ
入れ歯の種類
外れない着脱可能固定入れ歯
審美エステティック入れ歯
精密入れ歯BPS義歯
部分入れ歯
専任歯科技工士より
遠方から治療をお考えの方へ
家族の方へ
医療費控除について
当院の口コミ評判
サイトマップ


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸歯周病センター
神戸インプラントセンター
神戸矯正審美歯科